医者

胆石のある人は要注意

病棟

胆のうがんは初期のうちは自覚症状がほとんどないため発見の難しいがんですが、胆石症と合併することがよくあります。進行すると大手術になることが多いため、一定の年齢を過ぎたら定期検診で早期発見に努めることが重要です。

詳しくはこちら

胆のうにできるがん

看護師

胆のうがんは自覚症状があまりない、あるいは他の胆のうの病気と共通することが多いので、健康診断で早期発見に努めましょう。また胆石症や膵胆管合流異常症が原因となることもあるのです。

詳しくはこちら

骨の癌の症状と治療法

病棟

骨の癌のことを骨肉腫と言います。治療法は抗ガン剤を使用し、その効果を見て手術を行います。できる限り手や足を切断しないよう計画を立て、悪性腫瘍を正常な組織ごと切除します。

詳しくはこちら

大腸癌の動向と特徴

子どもから大人まで、世田谷区で透析を利用する人は必見です。自分の都合に合わせて受けられる病院がこちらにありますよ。

大腸癌の今後の動向予測

	看護師

大腸がんは、以前よりも増加傾向にあり今後も増えていくと予想されます。 大腸がんを増やす原因になっているものは、食生活の変化です。以前の日本で親しまれていた和食スタイルから、欧米の洋食スタイルへの変化が顕著になっています。また時間がないときに便利なファストフードや外食も増えています。スーパーの惣菜を買って家で食べる中食スタイルも浸透してきています。これらに共通して言える油の使用量が多い食スタイルは、大腸がんの増加の一端を担っていると考えられます。 またストレスの多い生活も、大腸がんを増加させる要因の一つです。日本の高いサービス品質は、それを支える人たちに対する高水準の要求によって支えられています。それがもたらすストレスが大腸がんの増加につながることがあるのです。

大腸癌の特徴

大腸がんにかかっているかどうかを見分けるのに役立つ特徴があります。それは便に注目することです。大腸癌を疑うべき便は何種類かあります。 便に鮮血が混じっていることがあります。大腸に癌が出来ると、その部分が盛り上がります。そこを便が通過する際に、盛り上がったガン部分の表面が破れ出血することがあるのです。それが血便となって出てきます。 もう一つは、便が細くなることです。大腸のガン部分は正常部分より細くなります。そこを便が通過する際に、便が細くなるのです。 便が犬の糞のように、ぽろぽろになるケースもあります。これも大腸が一部細くなることで、便が通過する際に細切れになってしまうことにより生じます。それで便の変化に敏感になるべきです。